読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア生活ダイアリー

豪州ワーホリの日記

パートナービザ

はい、振り出しに戻るようにシェパートンのファームを1日でやめ、スワンヒルのジェイソンの友人宅の家に舞い戻って来ました。。

 

奥さんは私をとても心配してくれていたようで、ここじゃ暮らせん><って思って飛び出した感のある自分はちょっとさーせんて気持ちになった。けど、チャンスがあればまたいつでも飛び出してやるぜい><

ちなみに旦那さんには全然心配してなかったよ〜って言われたww

 

で、セカンドビザを諦めた私はパートナービザはデファクトではなくパートナーとして申請するしかなくなったので、こりゃ結婚するっきゃない!!となりました。笑

 

しかもやっぱエージェント通して申請した方が確かじゃないかとなり、11000ドル必要とな。。。なんてくそカントリーオーストラリア。

なんでもくそ高!!パートナービザ6800ドルとかどないやねん!!

とりあえず、彼の友人宅にはWI-FIがあったから助かった。スキャンもあったけど友人のメールにリンクしてるとかで、大量にスキャンせなんくていちいちその人に頼むの気が引けて。。。車で15分くらいにあるアカデミックフォトみたいなとこでスキャンやらコピーしに行って、毎回アバウトに5ドル、とか10ドルとか適当に言われクッソ腹たったwww まじなんなんこの国。ジンバより人ひどない?

 

スワンヒルは田舎の田舎だからオフィスワークもなく><。まじくそ。とりあえずくそ。日本食店一軒あるけど日本人いないし。

毎日ビザの提出書類書いたり準備したり。。。日本の家族に戸籍謄本お願いしたり。。

働こうにもワーホリビザが7月末で切れるから早くブリッジングビザくらいもらわないとこっちも働けない!!店だってこんな中途半端なやつ雇おうと思うわけないじゃんか!!

 

結婚は裁判所でするのがいいだろうとなりスワンヒルの裁判所に行き結婚するための書類を提出。この書類提出後、1ヶ月から結婚できるらしい。既に3月終わりなので4月の終わりから結婚できるとな。しかも裁判所での結婚は毎週金曜の4時からのみらしく、この時点で私の結婚かなり絞られたwww

 

一方で私はこの家から逃げ出すことを諦めてなかった!ジェイソンは良い!昔からの友達と住んで仕事場も近くて忙しく働きそれで良いけど、私はこの村無理だし先を考えて何かしないと耐えられない!!!

ビザの対応しつつガムツリーでベンディゴに住む方法を検索!!してベビーシッターで住み込みというのを発見!!!!ただ、給料は払われない代わりに宿を提供。。。だけどもうなんでも良い!!!!

とりあえずアポとって何回かスカイプトークしたりしてOKいただきました〜

 

ベンディゴはスワンヒルとメルボルンの間!どっちからも2時間の中間地点で、ゴールドラッシュの時期に建てられたビクトリア朝の建物がまだ残ってる美しいシティ!

しかもビクトリア州では4番目に人口が多いらしい!!!スワンヒルとは比べものにならない!!!しかもベンディゴにはシンフォニーオーケストラもあるし、日本食を売っているスーパーもある!!!

 

月・水・金はベビーシッターで火・木は空き。

ベンディゴシンフォニーオーケストラともコンタクトを取り、セカンドバイオリンで入ることに!!!練習は火曜日の夜!バッチリフィット!

ジェイソンから英語を100%にしろと言われ、ベンディゴのTAFEに火・木と行くことに!パーフェクトフィット!!!

 

メルボルンの日本領事館に出生証明書と警察証明を発行してもらわないといけなく、バイオリンもゲットしないといけないからVline?に乗って2時間でメルボルン!

今まで田舎生活だったからあまりの人の多さに面食らう!ビル高くて空見えない!!

して日本領事館めっちゃ洒落たビルに入ってる!

ベンディゴオケの人に聞いた楽器屋さんに行きバイオリン即買い!笑

昼はうどんやさん!店員みんな日本人。OMG

日本人久しぶりすぎて感動!!めっちゃ日本語聞こえてくる場にしみじみしつつうどんと唐揚げといなりを頬張る。

メルボルンすっげすっげ。ダイソーもあるしユニクロもあるし、なんでもある。

私今までどこいたん?オーストラリアでジンバ並みに孤立してたわと実感!!

でもベンディゴなら住める気がすると確信!!!

ベンディゴ戻ってきてこれくらいの感じがいい感!!笑

 

TAFEにはもう一人日本人が!!!👍

オーストラリア9ヶ月にして初めてのお友達!!!!!www

 

ただ英語のクラスが悲惨!!インド人とカレン人とフィリピン人とタイ人と中国人とスリランカ人と。。。こっちは7ドル1時間で金払ってるけど、難民は払ってない。なのに授業遅れてきたり、プリント持ってきてなくて先生印刷しに行ったり時間の無駄多すぎ!!!久々学校行って、なんか色々思いましたわ。

授業の質ってほんと大事。こっちは働いた金で習いに来てるわけだから7ドルの価値がある授業してくれ!!!みんなうっさいし。

で、TAFEやめることに!

ボランティアで老人ホームいってオージーの老人と会話する方がためになるわと思ったのだけど。。。

来週その面接。

 

どうなることやら!!

大変なこともあるけど、マイナスな面を考えるよりそれによって起こるプラスの面を考えるようにして生きるのが大事だなと思った。

もちろん不安に襲われることもあるけど、そんな時はなんでまだ起きてないことに対して不安に思うんだい!時間が解決してくれることもある!と言い聞かせてる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひさびさになりまいた。。。ファーム1日やって逃げました〜

言いたいこと、伝いたいこと、いや、単純に喋くりたいこと大量にあったんだけどほったらかしてしまいました。。。

ちょっと長くなるけど書きます。

 

車ゲットしてからジェイソンに運転下手だとボロクソ言われ「だからこんなクッソ田舎になんか住みたくなかったんだくそやろー!!シティーに住ませろ!!したらこんな車なんて買わなくて良かったし、こっちだってボロクソ言われずに済んだのに!!!くそやろー!!!」って言いまくりました。

 

オーストラリア路上にいっぱい車停めてあるし、縦列駐車、微妙に斜め駐車、アラウンドアバウト、いろいろよーわからんことあるんだわよ!!

しかも駐車場も看板にちょろっとなんかかいてあるだけし。ネットで意味検索して、行く前に駐車場グーグルマップでチェックして・・・・もおおおおおおおおお

車なしでメルボルンとかに住みたかったよ。。。涙

 

して、パートナービザについてもジェイソンとはジンバブエ時代から一緒に住んでいたけどデファクトで申請するには1年間同棲したっていう証拠が必要だけど何もない。てかむしろ領収書とか取ってる人いる!?!

じゃあ、パートナーで申請する?となると結婚しないといけない!!!え、今結婚!?突然すぎじゃね!?て感じ。。笑

でも私のワーホリビザは7月末で切れる!!!!ファーム行ってセカンドゲットするのが一番マシな解決策か。。。と考えスワンヒルの近郊のファームを探してみるも全滅。。。

バックパッカージョブとかガムツリーとか毎日ネットサーフィンしまくって、やっと返信くれたとこがスワンヒルから3時間くらいのシェパートンてとこのアップルピッカー募集てやつ。ジェイソン友人の家生活も結構ストレスきててとりあえずこの家から脱出したいという気持ちもあり行ってみると決断。。。

 

で、グーグルマップ見ながら3時間ドライブして行ったら、ザ・キャラバン生活が待っていた!!!

受付みたいなとこに行くと、男か女かわからんしゃがれた声のオージーおばさんがでて来て枕とかシーツとか…もしくは寝袋とか持って来た?と言われキャラバン生活には欠かせないよとか言われ。近くのウールワースで買ってこいと。。。

どうやらこのババアが近所の農家とバックパッカーズを斡旋しているようだった。めっちゃ狭いキャラバンパークだけど、所狭しとバックパッカーと思われる汚い人達が皆楽しそうにキャンプやらキャラバンやらしてる。おきまりのビーサンにタンク。笑

ババアはやたらセカンドビザほしんだろ?セカンドビザ欲しいんだろ?と連呼して来てかなりうざい。契約書の紙渡され銀行口座やらサインやら書いて持ってこいとのこと。よくみるとりんご、なしのピッキングとな。しかも給料の値段書いてない。さっき聞いたところによると畑仕事に時給制はない!どこも歩合制だと言っていた。

 

なんかよーわからんけど生まれて初めてのキャンピングカー生活が始まった。。。

一週間135ドル。トイレ臭いし電気付かん。シャワー水しか出ず。ガスキッチン火付かず。夜はめっちゃ寒くて凍える。。。この時点で既にこんなとこ3ヶ月もいれるかって気持ちが芽生えていた。笑

 

翌朝、7時から仕事が始まるので6:50に自称イギリス人と名乗る見た目インド人と待ち合わせしてたけど奴は時間通りには来なかった。ちょっと遅れて来たら私の車に乗って場所案内してくれるとな。(お前の車じゃないんかいと思ったらやつ車持ってないようだった。。。)で奴を車に乗せ畑に。

して向かった先、そこは洋ナシ畑だった。「は!?りんごちゃうんかい!!」

巨大な箱が木の列の間においてある。インド人がその箱いっぱいにしたら$40と教えてくれた。で早速カンガルーのポケットみたいなエプロンを装着してその中に洋ナシをもぎって入れて行く。

最初は稼いでやるぜ!とか思ってたけど予想以上にハードだった。。。

なしの木が結構成長していて実が高いとこになっているのでハシゴを移動させて登って取らないといけないんだけど、ハシゴ重くて移動させるの大変。ハシゴも結構高いとこまで登らないと取れないからまじ危険!!

周りはカップルとか友人同士で箱いっぱいにしてる人がちらほら。ただ男性率高し。なぜ私にこの仕事を振ったあのババア!!!!

7時から始めて12時。箱は半分もいってない。洋ナシめっちゃちっちゃいし、箱巨大すぎだろ。やる気失せる。してトイレは車で15分くらいいったとこ。ガソリン代かかるやん。

こりゃもうだめだがとりあえず記念に写真は撮っておこうと思いインド人に頼んでファーム写真を撮ってもらい、さらになしもぎりも助けてくれなんとか2時までに一箱完了して今日は終了。

7時間労働で40ドル。時給6ドルもいかんやん。。笑

ありえんわ。しかも畑からの帰りインド人が勝手にあいつらも一緒に帰るからとか言いやがってフランス人2人乗っけて帰ることに。奴らまじ汚れまくって汗だくで私のほぼ新車になんで私の断りもなくなんなんこの人!!まじ殺意わいた!!この自称イギリス人のインド人!!

異臭を放つ奴らをNew My Carに乗せてこんなとこで働くかくそやろー!って思いながら帰宅。

キャンプサイトにシャワー浴びに行き、みんなほんとに歩合制なのか?ほんとにこんな激安なのか?近くにいた白人の女子に確認したらその人が行ってるファームは一箱39ドルだと教えてくれた。別になんの違和感もないように話すのがほんとに不思議。

 

もし自分の国にいて、こんな環境のとこで働こうと思うか?

 

極め付けにあの臭いフランス人が明日から畑まで乗っけてってくれる?と聞いて来やがった。送迎に毎日5ドル払わなければならないらしい。ありえんだろ。

私はここ離れるから無理だと断った。

 

キャラバンに戻りパッキングスタート。全部車に詰め込む。

なぜ私がオーストラリアでこんな奴隷のような仕事をしないといけないのだ。セカンドビザを売りにしてなんてババアだ!!こんなとこごめんだー!!

 

次の日の朝、7時に畑だけどババアのオフィスに行ってやめますと伝え(そんな簡単にいかなかったけど)スワンヒルに戻りましたとさ。

 

オーストラリアのファームって探すのもするのも大変だね。運もあるんだろうけど。

その後ネットで、ミンジューラのファームで3ヶ月働いたけど給料少なすぎてセカンドビザが下りなかったとかいうニュースを見かけて、私もあのシェパートンのババアのとこで働いてたらありえたな。。と思いやめてよかったと思いましたわ。

 

 

 

 

 

 

 

Holden買った!!!!!

6ヶ月に及ぶ、ノーザンテリトリーのダーウィンからぶっ飛ばした車で3時間のカカドゥ国立公園の森の中生活を終え、1週間かけてオーストラリア大陸を車で縦断し現在はビクトリア州のスワンヒルというところにいる。

ジェイソンのジンバブエの友人宅に住んでるんだよ。

めちゃめちゃ可愛い4歳の一人娘がいる夫婦。お母さん娘溺愛しすぎててちょっと怖い。この話はまたの機会にw

 

スワンヒルといっても街中ではなくちょっと離れてるからどこに行くにも車がいるということになって、車探しを始めたんだけどなかなかいい中古車見つからず。。。

ジェイソンはメルセデスがいいとゴリ押し!私はダイハツ推し!笑

 

Gumtreeやらautsaleやら近くのディーラー行きまくったり個人に電話したり1週間探しまくったけど、車見すぎてもはやようわからんくなってきたのもあって、ベンディゴかメルボルンに探し行くか!?ってなり、ジェイソンの仕事が休みの土曜日にとりあえず朝から2時間かけてベンディゴ行って探しまくった!

けどやっぱこれ!ってやつに巡り合わず。。。

 

3時すぎてジェイソンも私も疲れ切り、Holdenの正規ディーラー入って予算と桁違う車買った。笑

して、MacCafe入って あの車なら売る時絶対高く売れるからいい買い物をした!と2人して語り合いまた2時間かけてスワンヒルまで帰宅。

 

その日に乗って帰れると思ってたけど、色々チェックがあるらしく後日取りに行くことに。。。支払いもバンクチェックにしたので、銀行にチェックをもらいに行くという重大任務を果たし3日後、私は早朝の電車に乗りベンディゴへ。。。

無事に車もらって早速2時間ぶっとばして帰ってきましたとさ。。。

 

やっぱりベンディゴ素敵な街だ。。。

ベンディゴに住みたいぜ ><。

酢豚にグリンピースぶっこまれた。。。

昨日渾身の酢豚を作ったんです。

食べたくて食べたくて作ったんです。

ご飯炊けるの待ってる間になんやかんややってさあお皿に盛ろうってした時に

酢豚にグリンピースがぶっこまれてる!!!!!!しかも大量に!!!!

 

OMG!!!!!

 

一瞬殺意湧いたし、何!?って叫びたかったけど何も言わず何も指摘せず食べた。。。

 

普通の普通の普通の酢豚が食べたかった。。。

なんで酢豚にグリンピース。。。私グリンピース好きじゃないし。。。

入れるならグリンピースよりパイナップルの方が100倍まし!!

くそおおおおおおお!!!!

また酢豚作ってやる。。。涙

私の源

イアフォンつけたら一瞬にして音楽が血液に流れ出し全身を駆け巡った。

あまりの美しさに閉じた目から涙がこぼれる。身体に溜まっているストレスやゴミ、老廃物を流し出してくれているような感覚。


こんなにまともに音楽を聴いたのはいつぶりだろう。

今は生で音楽を聴ける環境にないし、ここにはピアノもバイオリンもキーボードもないけど、携帯で素晴らしいクオリティの音で音楽が聴ける。本当にありがたい。

完璧に時代の恩恵を受けているな私。


狭い部屋で、ジェイソンは爆音でDVD見てるという状況で、私はベッドの中でイアフォンつけて自分の世界に入っている。


嗚呼クラシックFM本当に最高だよ。


クラシックはながらで聴くような音楽じゃないよな、と改めて痛感中。

ちゃんとPPの音楽を隅々まで聴けてこそだよな。

それにしても美しすぎる。これもプロのなせる技よね。

ホールに聴きに行きたいわ。。


しみるぜ。




NT免許取得

先日オーストラリアの免許を取得しました!!

とっても簡単でこんなんでいいのか?!て感じでした!

して、こんな森の中で他に日本人が免許を取得するとは思えませんが、念のため記載しておきます!

 

私が住んでいるクーインダロッジにはロッジしかなく、最寄りの街は車で120キロでぶっ飛ばして30分のところにあるJABIRUという街になります。

スーパーと教会と警察と郵便局と図書館と学校とプールとATM(NABはなし)…があります。必要最低限があるという感じです。

それ以外は車を3時間ぶっ飛ばしてダーウィンに行く必要があります。

そんなスーパーにも海苔と寿司米と炊飯器が売ってあるのでここでの生活楽勝です!!

 

毎月最初の木曜日にJABIRU警察署に車両関係の登録等を行う人たちが来てくれるようです。で、最初1/5に警察署行ったら誰もおらず。そこに書いてあった番号に電話すると来週来るて!!!!!多分新年早々だったから??

てことで出直した1/12。笑

下記のものを持って行きました。

パスポート・国際免許書・日本の免許書・クレジットカード・住所の明細書

住所の明細書はロッジの上司にここで働いていることとサインをもらって行きました。

 

窓口に行って国際免許からオーストラリアの免許に変更したいと行ったら必要書類を渡され書き書きして、その場で写真を撮られ終了でした。

しかし!名前が間違っていることに気づき作り直してもらうということがあったのでしっかりチェックしてください!!

 

ロッジに帰って免許の話をしてたらみんなロッジに住んでるのに住所がバラバラだということが判明!

私の免許書の住所も日本だったら完璧不十分だと思う程度にしか記載されておらず。。

ノーザンテリトリー適当ですわ…。。

 

*Darwin NT*

初めまして

千秋グリーンです。

生まれは大阪、育ちは熊本の生粋日本人です。笑

2016年7月の終わりからワーホリでオーストラリアに住んでいるのでその日記を書いて行きたいと思います。(若干今更感ですが…。)

 

今住んでいるところはノーザンテリトリー州のダーウィンシティから120キロで車をぶっ飛ばして3時間の森の中。

カカドゥ国立公園の中にあるCooinda Lodge(クーインダロッジ)です。

年中蒸し暑く、暑い・とても暑い・とてもクソ暑い・とてもクソ暑すぎる という季節があります。

なんさん熊本の湿気た夏の暑さが年中続くのですわ。

 

雨季と乾季があり現在の1月は雨期に属し、たまに雨が降りますが、私の中で雨季というと最近の日本で発生している局地的豪雨のような雨が降るのではないかと予想していたのですが、なんともそんなものには全く及ばない潮らしい雨が降っております。

 

ここに来てハウスキーピングという仕事をやることになったのですが、フランス人の可愛らしい女の子にハウスキーピングいいよ!って言われていたし、タイトルを聞く限りは へー って感じだったのですが、いざやり始めたらただのホテル清掃員だってことに気づいたのです。

 

ロッジの清掃員は本当に過酷で毎日一人愚痴っていました。

熊本のおばあちゃんには『わざわざそんな国に行って苦労する必要ない』と私がワーホリ行くの反対していましたし、ホテルの清掃員でトイレ掃除をやっている。と言いたくなかったので、それはそれは過酷で惨めな気持ちだったのですが、慣れとは本当に恐ろしいもので、半年もやっていると何も思わなくなりました。

 

ワーホリの規定で同じ雇用主の元では最長6ヶ月までしか働けないのでそろそろ移動です。

 

早くここ去たい…。。