読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア生活ダイアリー

豪州ワーホリの日記

*Darwin NT*

初めまして

千秋グリーンです。

生まれは大阪、育ちは熊本の生粋日本人です。笑

2016年7月の終わりからワーホリでオーストラリアに住んでいるのでその日記を書いて行きたいと思います。(若干今更感ですが…。)

 

今住んでいるところはノーザンテリトリー州のダーウィンシティから120キロで車をぶっ飛ばして3時間の森の中。

カカドゥ国立公園の中にあるCooinda Lodge(クーインダロッジ)です。

年中蒸し暑く、暑い・とても暑い・とてもクソ暑い・とてもクソ暑すぎる という季節があります。

なんさん熊本の湿気た夏の暑さが年中続くのですわ。

 

雨季と乾季があり現在の1月は雨期に属し、たまに雨が降りますが、私の中で雨季というと最近の日本で発生している局地的豪雨のような雨が降るのではないかと予想していたのですが、なんともそんなものには全く及ばない潮らしい雨が降っております。

 

ここに来てハウスキーピングという仕事をやることになったのですが、フランス人の可愛らしい女の子にハウスキーピングいいよ!って言われていたし、タイトルを聞く限りは へー って感じだったのですが、いざやり始めたらただのホテル清掃員だってことに気づいたのです。

 

ロッジの清掃員は本当に過酷で毎日一人愚痴っていました。

熊本のおばあちゃんには『わざわざそんな国に行って苦労する必要ない』と私がワーホリ行くの反対していましたし、ホテルの清掃員でトイレ掃除をやっている。と言いたくなかったので、それはそれは過酷で惨めな気持ちだったのですが、慣れとは本当に恐ろしいもので、半年もやっていると何も思わなくなりました。

 

ワーホリの規定で同じ雇用主の元では最長6ヶ月までしか働けないのでそろそろ移動です。

 

早くここ去たい…。。